Let's Create 狂言-新千葉笑い-

ブログトップ

カテゴリ:ワークショップ(2006年度)( 7 )

ワークショップ5日目

ついに、本番前日です。

a0059292_7502341.jpg

今日は、舞台に上がって、初めから全体を通す練習を行いました。
仮面をつけて長い時間舞台に上がっていると、ライトの力もあって、頭がくらくらしてきます…。
しかし!そこは舞台の上に立てる喜びで、カバーしていきたいと思います!

a0059292_7592100.jpg


去年見に来てくださった方も、今年初めて見に来てくださる方も、
同じくらい楽しんでいただけるような舞台を作りたいと思います。
どうぞ、よろしくお願いいたします!

a0059292_7594369.jpg

[PR]
by chibakyogen | 2006-11-30 23:49 | ワークショップ(2006年度)

ワークショップ4日目

本番が間近に迫る中、4回目のワークショップが行われました。
今回のワークショップは、本番で使用する舞台の上で練習しました。
各々に割り当てられたセリフを実際に言ってみて、全体を通すのが目標です。

万事順調!…とはいきませんでしたが、
それぞれに本番の感覚をつかんだのではないかと思います。
いや、まだできていないところをどうにかしなきゃ!という
焦りの気持ちが一番大きいかも…
本番まであと少しですが、みなさん頑張りましょう!
a0059292_17542773.jpg

これはワークショップが始まる前に自主練習している様子です。
気合十分ですね!
[PR]
by chibakyogen | 2006-11-28 23:02 | ワークショップ(2006年度)

ワークショップ3日目

6日はワークショップ3日目。

今回はいよいよ台本が参加者の皆さんに配られました。
皆で内容を確認していきます。

台本のネタには参加者からも笑いがこぼれました。
a0059292_8315894.jpg


小笠原先生のご指導のもと、テンポ良く練習が進みます。
市民参加の皆さんもとても活発に意見を出してくださるので、会場は非常に活気に満ちていました。

その後は、小人数のグループに分かれて台詞の練習。
舞台に立ったときを想定して、動きをつけながら台詞を読んでいたグループもいました。
a0059292_2341177.jpg


そして最後には本番で使う「お面」についてのミニレクチャー。
紙粘土で作るんですね。
小笠原先生が見本を作ってくださいました。
先生の手際の良さに感嘆する参加者一同です。
a0059292_06124.jpg


去年の面(けやき会館の展示でご覧いただけます)もバリエーション豊かでしたが、今年はどんなお面が出来上がるのでしょうね~

次回のワークショップまでの宿題は「台詞を覚えてくること」!
参加者の皆さん、頑張りましょうね(^^)








おまけ
私は誰でしょう?
a0059292_2305082.jpg

[PR]
by chibakyogen | 2006-11-07 23:01 | ワークショップ(2006年度)

ワークショップ2日目

20日にワークショップの2日目が行なわれました。

まずは小笠原先生による狂言のレクチャー。
狂言の歴史や、演技についてお話をしてくださいました。

レクチャーが終わると、実際にやってみよう、ということで
いよいよ狂言のお稽古のはじまりです!
一つずつ狂言の基本動作をやっていったのですが、
緊張を保たなければいけないため
ただ立っているだけでもかなり疲れるのです…

一番印象的だったのは、小笠原先生が仰った
「動こうとする方と反対の部分を意識すること」というアドバイスです。
前に行くときは後ろから引っ張られているような感じ、
後ろに下がるときは胸ぐらをつかまれているような意識をもって。
左を向くときは右足を動かし、右を向くときは左足を動かす。
へぇぇ、とひたすら感心してしまいました。
が、いざやるとなるとそう簡単にはいかないものです。
頑張らねば…

そして最後に謡いの練習をしました。
腹式呼吸で思いっきり声を出して謡いました!


短時間でしたが、今回はかなり体力的に充実した内容でした(笑)。
でもとても面白かったです!
[PR]
by chibakyogen | 2006-10-21 00:16 | ワークショップ(2006年度)

ワークショップ1日目

ついにワークショップが始まりました!
会場は、千葉市文化センターのスタジオⅠ。
お久しぶりの顔。初めてお会いする顔。
参加者の皆様のお顔を、今日、初めて拝見できました。

今日は、まず、監修・考証の橋本裕之先生からお話がありました。
今年のワークショップ・新千葉笑いの公演が行なわれる経緯を中心に、
今後の展望などもお話くださいました。
そして、作・演出の小笠原匡先生のお話。
ワークショップや新千葉笑いの公演の概要を、
昨年度と比較してお話くださいました。
a0059292_12158.jpg

そのあと、昨年の公演の映像を見ました。
学生の半分は昨年度参加しているメンバーです。
当然、自分自身が写っています。
昨年の楽しかったことや、苦労したことなどが思い出されたり、
改めて「新千葉笑い」に笑ったりしました。

自己紹介では、参加者の意外な特技が披露されました。
今年は昨年にも増して、個性的な特技をお持ちの方が多いようです。
期待大ですね!
また、参加者の皆様の、新千葉笑いに対する強い意気込みが感じられました。

これから2ヶ月間、このメンバーで走り抜けてゆきます。
12月1日の本番が、昨年以上の観客の笑顔であふれるよう
一緒にがんばりましょう!

皆様、どうぞ、よろしくお願いいたします。
[PR]
by chibakyogen | 2006-10-02 23:59 | ワークショップ(2006年度)

ワークショップまであと1週間!

ワークショップ開始まで、ちょうど1週間となりました。
参加を予定されている皆様、
期待と不安の入り混じったお気持ちではないでしょうか。

学生メンバーも同じです。
昨年度参加したものも、今年初めて参加するものもおりますが、
やはり、ドキドキ、ワクワクです!

昨年度は今頃集中講義をしていて、
まだ台本も十分できていない状態でのワークショップとなりました。
今年は、ある程度たたき台になるものはすでにありますが、
おそらくワークショップの中で
どんどん良いものへと進化させていくことになることでしょう。
市民の皆様のお力をお借りしながら、
一緒に、素敵な新千葉笑いの公演を作り上げていければと思います。

皆様にお会いできるのを楽しみにしています。
どうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
by chibakyogen | 2006-09-25 23:41 | ワークショップ(2006年度)

ワークショップ「狂言講座」が行なわれます

和泉流狂言師・小笠原匡先生に講師を務めて頂く「狂言講座」が行なわれます。

全5回の講座の参加者は「新千葉笑い」公演の演目のひとつである新作狂言「新千葉笑い」に出演します!

以下はワークショップの詳細です。

申し込み締め切りは明日9月8日ですが、余裕があればそれ以降でも大丈夫な可能性があります。
詳しくは千葉市文化振興財団(電話番号 043-221-2411)までお問い合わせください。



●日時:
第1回 平成18年10月2日(月)
第2回 平成18年10月20日(金)
第3回 平成18年11月6日(月)
第4回 平成18年11月27日(月)
第5回 平成18年11月30日(木)

全5回 各回18時30分~20時30分(2時間)

●場所:
第1回~第3回 市文化センタースタジオⅠ(6階)
第4回~第5階 同センターアートホール(3階)

●募集定員:
50人

●受講料:
2000円(税込み)

※受講料のほかに、本公演で着用する仮面の材料費と黄色の足袋代は実費負担。

※また、本講座で着用する足袋(白色)と浴衣は各自持参。


[PR]
by chibakyogen | 2006-09-07 12:57 | ワークショップ(2006年度)