Let's Create 狂言-新千葉笑い-

ブログトップ

カテゴリ:授業風景(2007年度)( 3 )

ワークショップに参加しました

第1回目と第2回目の授業が行われた4月16,23日。
この日は昼休みの時間を利用して、小笠原先生によるワークショップが
行われました。
場所は、けやき会館。
テーマは、16日が「からだが笑う」、23日が「からだが泣く」です。

まずは16日の「からだが笑う」。
狂言についての簡単なレクチャーがあった後、実際に参加者の皆さんに
ステージに上がってもらい、「笑って」もらいます。
演技だけでなく、立っている時の姿勢にも、先生のご指導が入りました。
たとえ演技と言えども、笑うと気持ちが楽しくなるもの。
皆さんも、ぜひお試しください。

続いて、23日の「からだが泣く」。
スポットライトもセットもない舞台の上でいかに身体一つで表現するか、
実際に演技を交えた説明があった後、今回もまた参加者の皆さんに
ステージに上がってもらいます。
今回は、まず「これ(わらわ)は、○○××でござる(おりゃる)。」
(かっこ内は女性の場合)と狂言風に自己紹介。
最初は声の小さかった人も、先生から発声のアドバイスをいただき、
最後にはびっくりするほど大きな声が出るようになりました。
そして、本日のテーマである「泣く」演技で、ワークショップは終了。
2回だけでしたが、狂言の魅力を改めて感じた人もいたかと思います。
また、大きな声を出したことで、すっきりした気分を味わった人も
いたのでは?

次回のワークショップは、このブログでも紹介したことのある
三条会という劇団の方が担当されます。
皆さん、ぜひご参加ください。
[PR]
by chibakyogen | 2007-04-25 15:30 | 授業風景(2007年度)

第2回授業

先週に引き続き行われた、「伝統をつくるA」「展示をつくるA」の授業。
第2回ともなると、だいたいメンバーも確定してきたようです。

「伝統をつくるA」の授業は、前回とは場所を変えて、けやき会館で
行われました。
ステージの上では、大勢の履修者が見つめる中、小笠原先生が
得意の狂言ネタを披露。
最後には簡単な謡の練習もしました。
あまり狂言に触れる機会がなかった皆さん、声を出すことで、
肩の力も抜けたのではないでしょうか。

続いて「展示をつくるA」の授業では、最初に教室で説明を受けた後、
実際に大学図書館の展示コーナーへと行ってみました。
この展示コーナーのことは、以前このブログでも触れたことがあり
ましたね。
実は、早くもとある計画が進行中です。
ここが私たちのプロジェクトでどのように活用されていくのか、
どうぞお楽しみに!

次回の授業は、連休明けです。
皆さん、頑張りましょうね。
[PR]
by chibakyogen | 2007-04-24 12:57 | 授業風景(2007年度)

羽衣プロジェクト、始動!

桜の花の間に緑も多くなる今日この頃、
大学の新学期も始まりまして、本日は、
今年度の創作狂言『千葉の羽衣』の授業の
第一回目が開かれました。

今年は『千葉の羽衣』を制作・上演するクラスと、
その展示制作を市の郷土博物館と共同で行なうクラスの、
二つに分かれての開講となりました。
しかし二つに分かれたにもかかわらず、
その盛況ぶりは前年度の比ではありません。
a0059292_17245917.jpg

a0059292_17251339.jpg

というのも、今年からは教養としての科目での開講になったので、
文学部以外からの学生さんも沢山きているからなのですね。

これだけ沢山の方が関わっていく中で、
今年のプロジェクトはどのように進んでいくのか、
前年度の制作委員としては
今からドキドキ半分、楽しみ半分です。
[PR]
by chibakyogen | 2007-04-16 17:32 | 授業風景(2007年度)