Let's Create 狂言-新千葉笑い-

ブログトップ

<   2006年 11月 ( 27 )   > この月の画像一覧

ワークショップ5日目

ついに、本番前日です。

a0059292_7502341.jpg

今日は、舞台に上がって、初めから全体を通す練習を行いました。
仮面をつけて長い時間舞台に上がっていると、ライトの力もあって、頭がくらくらしてきます…。
しかし!そこは舞台の上に立てる喜びで、カバーしていきたいと思います!

a0059292_7592100.jpg


去年見に来てくださった方も、今年初めて見に来てくださる方も、
同じくらい楽しんでいただけるような舞台を作りたいと思います。
どうぞ、よろしくお願いいたします!

a0059292_7594369.jpg

[PR]
by chibakyogen | 2006-11-30 23:49 | ワークショップ(2006年度)

ワークショップ4日目

本番が間近に迫る中、4回目のワークショップが行われました。
今回のワークショップは、本番で使用する舞台の上で練習しました。
各々に割り当てられたセリフを実際に言ってみて、全体を通すのが目標です。

万事順調!…とはいきませんでしたが、
それぞれに本番の感覚をつかんだのではないかと思います。
いや、まだできていないところをどうにかしなきゃ!という
焦りの気持ちが一番大きいかも…
本番まであと少しですが、みなさん頑張りましょう!
a0059292_17542773.jpg

これはワークショップが始まる前に自主練習している様子です。
気合十分ですね!
[PR]
by chibakyogen | 2006-11-28 23:02 | ワークショップ(2006年度)

今週末は「新千葉笑い」にいっぺいっぺ!

とうとう本番まで3日となりました!
ワークショップもどたばたしながらも、完成に向けて追い込みに入っています。
完成状況は…当日のお楽しみです☆

チケットの売れ行きも好調で、空席わずかとなっています。
お求めになる方は、早めに以下までご連絡ください。

○チケットのお求めは
千葉市文化センター  043-224-8211
千葉市民会館      043-224-2431
千葉市若葉文化ホール043-237-1911

○お問い合わせは
千葉市文化振興財団 043-221-2411


舞台の本番は
12月1日金曜日、千葉市文化センターアートホール(3階)で行なわれます。
18時開場、18時半開演ですので
お間違えのないようお願いいたします。

お車などには十分お気をつけてお越しください。
皆様のお越しを心よりお待ちしております♪
[PR]
by chibakyogen | 2006-11-28 10:24 | 公演情報(2006年度)

展示スペースへいってみよう~赤のコーナー編~

今回は、展示スペースの最奥に鎮座する赤のコーナーを紹介させていただこうと思います。

a0059292_22444120.jpg


こちらは2006年度の授業風景をもとに作成したパネルとなっており、台本の制作過程をご覧いただけます。

a0059292_22441096.jpg


2006年度のワークショップは、まだ引き続き行われていますが、早速ここでも紹介しています!
そしてこのパネルの裏手に回ると…

a0059292_22451860.jpg


公演のチラシを見ることができます!
向かって左がこのブログでもおなじみ、本年度のチラシとなります。「新千葉笑い」の文字が大きなインパクトを放っていますね。
そして右側のチラシは、昨年度のものです。
どちらのチラシにも創意工夫があるので、ぜひ見比べてみてください。

さて、展示スペースの紹介をしてきた「展示スペースへいってみよう」シリーズはこの記事でいったん終了です!
ですがこれからも、展示スペースにて活動を報告する機会をいただくことがあるかもしれません。
そのときはブログでも改めて紹介させていただこうと思っていますので、また読んでくださいますよう。
それでは、またの機会まで!!
[PR]
by chibakyogen | 2006-11-26 22:45 | 展示情報(2006年度)

仮面004:ジャングル君

※2005年度の作品です。

a0059292_21124379.jpg


「ウルトラマンの目とラテン風の
ペインティングの合体です!」



【制作期間】 
 3日

【ここを頑張りました!】 
 大きいサイズで顔全体がカバーできました。
 口と鼻のところに穴をあけたので、
 呼吸をするときに不便を感じませんでした。
 日本風の仮面と離れたイメージのものにしたくて、
 南米風の明るい色をつかいました。

【改善すべきところ】
 冬にはいると乾燥しにくいので、ドライヤーや暖房を
 使った方がいいかもしれません。
 裏に凹み(特に鼻のあたり)と作ると、顔にくっつけやすいです。

【2006年度への意気込み!】
 色だけではなく、何か飾りや柄を使いたいと思います。
[PR]
by chibakyogen | 2006-11-25 21:14 | 仮面制作(2006年度)

展示スペースへいってみよう~白のコーナー編~

前回の展示記事(→前回の記事はこちら)に引き続き、今回は白のコーナーのご紹介させていただきます。

新千葉笑い展示スペースは、けやき会館の2階となっています。
階段を上ってすぐ右手にパネルが並んでいるスペースが、白のコーナーとなります。

a0059292_21495886.jpg


このコーナーでは、ブログの2006年度の制作日誌をもとに、台本の制作過程や、「新千葉笑いを探そう!」の記事、プロジェクトの広がりによって体験した出来事などを、パネルで展示しています。

奥にある、黒字に浮かぶ「新千葉笑い」の文字がご覧いただけますでしょうか?じつは…
a0059292_21501128.jpg

あの角を曲がると…
a0059292_2150364.jpg

このように!
裏にも、パネルが展示されています。
ぜひ、このパネルも逃さずチェックしてみてください!
[PR]
by chibakyogen | 2006-11-24 21:55 | 展示情報(2006年度)

展示スペースへいってみよう~緑のコーナー編~

前回の展示記事(→前回の記事はこちら)に引き続き、今回は緑のコーナーのご紹介させていただきます。

a0059292_2275777.jpg

このコーナーのガラスケース内の敷布は、もちろん、緑色です!
昨年度の公演時に作成された、色鮮やかな仮面が展示されています。


a0059292_229589.jpg

このコーナーでは、2005年度のワークショップについてご紹介しています。
2005年度ワークショップについての詳しい記事は、こちらでもご覧いただけます。

a0059292_2294630.jpg

狂言師・市民・学生という異色のコラボレーションが話題を呼んだ新千葉笑い。その全員が集合し、意見を出し合った場が、ワークショップでした。
今まで、学生だけのなかで過ごすことの多かったメンバーにとって、様々な人と触れ合うことのできるワークショップは、全くの未知の世界でした。
新しく学ぶことがとても多くて、すばらしい経験を積むことができました。
[PR]
by chibakyogen | 2006-11-23 22:10 | 展示情報(2006年度)

仮面003:緑のマロ眉

※2005年度の作品です。

a0059292_18383793.jpg


「ただのおかめじゃありません」



【制作期間】 
 制作委員会のお仲間Yさんに作ってもらったので…たぶん1日?

【ここを頑張りました!】 
 どうしてもただのおかめさんにしてしまうのが嫌で、何とか個性を
 出そうと緑の眉毛にしました。
 ちなみに緑にしたのは、ただ単に私が緑色好きだったからです。

【改善すべきところ】
 特につけていて不快な感じはありませんでした。
 強いて言うなら目の穴をもう少し広げれば良かったかもしれません。

【2006年度への意気込み!】
 このお面、私の顔にそっくりだと皆にいわれました。
 今年は私だと気付かれないお面を作ります!
[PR]
by chibakyogen | 2006-11-22 18:40 | 仮面制作(2006年度)

展示スペースへいってみよう~黄のコーナー編~

前回の展示記事(→前回の記事はこちら)では、新千葉笑いの展示スペースの、黒のコーナーを紹介しました。今回は、その隣に位置する黄色のコーナーを紹介させていただこうと思います。

a0059292_200583.jpg
  

このコーナーでは、昨年度の制作状況を知ることができるパネルをご覧いただけます。

a0059292_2014438.jpg


ここでは、当時のメンバーが書いたブログの記事をもとに、昨年度の集中講義から本番前にかけて行われた台本作りの経緯を、紹介しています。

a0059292_202676.jpg


黄色のコーナー中央に据えられたガラスケースでは、昨年度の公演で使用された個性豊かな手作り仮面たちをご覧いただけます。出演者による手作りだからこそ出る、なんとも言えない奥行きが、ひとつひとつの仮面にあると思いませんか?
そして画像右下に見える楽器は「びんざさら」と言います。拍子をとるときに使います。
[PR]
by chibakyogen | 2006-11-21 21:32 | 展示情報(2006年度)

仮面002:梵天丸

※2005年度の作品です。

a0059292_21103775.jpg


「伊達っぷりが抜けた顔」



【制作期間】 
 乾く時間も含めると4日くらいでしょうか。
 実際に形を作ったり色を塗ったのは一日です。

【ここを頑張りました!】 
 面のゆるやかなカーブ。
 お皿の底にかぶせて作るとカーブがうまくできます。
 ただしお皿が汚れてしまうので、ラップなどをひいてやると良いかも。

【改善すべきところ】
 丸から飛び出した形の方が楽しかったかも。
 鼻のくり抜きを思いっきりすれば良かったです。
 (結構鼻にあたって痛かったのです…)

【2006年度への意気込み!】
 今年は紙ねんど以外の素材を使ってみたいなあなどと思っています。
 奇抜な素材を…(どんな?)
[PR]
by chibakyogen | 2006-11-21 21:13 | 仮面制作(2006年度)