Let's Create 狂言-新千葉笑い-

ブログトップ

ようこそ Let's Create 狂言へ!


このブログは、新作狂言「新千葉笑い」の制作日誌です。


「新千葉笑い」とは、千葉の千葉寺に伝わる古い奇習「千葉笑い」を題材とした新作狂言です。
千葉大学の集中講義において和泉流狂言師の小笠原匡先生・芸能考証の橋本裕之先生と学生が協力して台本を制作し、
狂言師・学生・市民が参加して公演を行います。

2005年度に行われた公演では、満員御礼、大変なご盛況をいただきました。
そして、2006年度、「新千葉笑い」はさらなる進化をとげ、パワーアップした公演が予定されています。


2005年、秋、集中講義に参加した学生・先生方を中心に、新千葉笑い制作委員会が結成されました。
2006年度も多くのメンバーを残しつつ、新たなメンバーを迎え、ひきつづき制作委員会として活動を続けています。
その活動のひとつとして、ブログ「Let's Create 狂言」の公開を行っています。


このブログでは、
2005年度の活動の記録とともに、
2006年度の「新千葉笑い」の公演に向けて、現在進行形で準備を進める学生の様子を順次公開していきます。
私たちの奮闘ぶりを温かく見守っていただければ幸いです。



こちらにサイトマップをご用意しました
[PR]
# by chibakyogen | 2005-09-25 13:00 | 初めての方はこちらへ

はじめに(2005)



 2005年12月8日、千葉市文化センターアートホールにおいて、新作狂言「新千葉笑い」の公演が行われます。
 この「新千葉笑い」は、千葉大学の学生が、夏休みの集中講義において、和泉流狂言師の小笠原匡先生のご指導のもと作り上げたものです。
 講義が終了した後も、受講した学生は「新千葉笑い制作委員会」を結成し、千葉大学文学部橋本裕之研究室と連携しつつ公演の制作に携わっています。
また、千葉市文化振興財団が開催する、「狂言ワークショップ」に参加される市民のみなさんと共に、「新千葉笑い」に出演するべく、練習を重ねています。

 このブログでは、私たち新千葉笑い制作委員会の活動を、随時紹介してゆきたいと思います。
                   

橋本裕之研究室/新千葉笑い制作委員会
[PR]
# by chibakyogen | 2005-09-25 08:01

そして「新千葉笑い」へ

※これは2005年度の記事です。

【そして「新千葉笑い」へ】

 そして今回、「新千葉笑い」として幻の奇習がよみがえりました。

 本プロジェクトでは、「千葉笑い」を状況設定に用いながら、昔も今も変わらないテーマを意識して、劇作家岡本綺堂作「千葉笑い」とは異なる、新しい狂言「新千葉笑い」を誕生させます。

 仮面をつけた演者たちの悪口をよく聞いてみてください。
 会場にいらした皆様にも「あれっ」と身に覚えのあるネタが満載です。

 普段の生活のあちこちにある不平不満、誰しもが抱える小さなグチを、みんなで笑い飛ばしてしまいましょう!


※千葉笑いや千葉寺の紹介はこちらでもご覧いただけます。
 観光ガイド 千葉寺
 あった!千葉寺
[PR]
# by chibakyogen | 2005-09-20 16:39 | 新千葉笑いとは?